RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年11月19日

宗教で縛られることのなかった日本人の性意識

近世まで、厳格な一神教はもちろん、何か一種類の宗教で丸ごと倫理観がしばられることのなかった日本では、性に対して比較的おおらかな気風が続いていました。
以下、夏目祭子・著『なぜ性の真実〈セクシャル・パワー〉は封印され続けるのか』より引用します。

日本人の宗教観の一大特徴は、「神仏」と「人間」を厳格に別々のものとして分けない、というところにある。死んだ人間は浄化されて「仏」となり、特にこの世で功績のあった者は「神」として祀られたりもする。また、死ぬまでもなく生きている間にも、人々はこの世で日々犯してしまった大小の罪を、山間修行で霊力を身につけた行者の祈祷によって祓い清めてもらう習慣があった。

また、大乗仏教が民衆に広まって以降は、一人一人の日々の念仏によっても罪・穢れは浄化されるものと考えた。実はこの時点で、本来は禁欲や瞑想を通して悟りの境地をめざすものとしてインドで広まった仏教も、独自の「日本教」と化してしまったのだといえる。だから、宗教によって強いられる性の禁欲は修行僧や山間行者にまかせて、一般に人々は、性を自然に与えられた喜びとして、隠すことなく楽しんでいた。
ただし、大陸からせっせと文化や技術を取り入れていた大和・奈良の時代に、お堅い「儒教」を道徳のモデルとして採用したことによって、はじめは権力者階級から、段々下に広がる形で、性を「秘め事」として覆い隠す風潮が定着していく。

それでも日本の庶民の間では、女陰や男根、あるいは男女の抱擁の姿をした像を祀って拝む「道祖神」信仰が全国各地で続けられていた。武家など支配者階級では儒教的な貞操観念が重んじられるようになったものの、一般の村落や下町では、合理的なルールに基づく夜這いの風習が営まれていた。

ひと口に夜這いといっても、そのルールは地域により幅があった。
より目的が狭く絞られている所では、それは未婚の若者や娘たちものだった。目的は二通りあって、一つは、心得のある性教育役に親が依頼して、息子・娘たちに初体験をさせること。もう一つは年頃の彼らに結婚相手を選ばせるための、お見合い代わりだ。

一方、目的が大きく広げられている所では、既婚の男女も含めて自由解放状態という例もあった。ただし、それを現代のスケベ根性で「乱婚天国の村」などと考えるのは筋違いなのだ。それは、自分の妻の産んだ子供のタネが誰であろうと問わずに自分の子として育てる、という村人全員の了解のもとで許されていたことだからだ。

つまりこの場合の実態は一種の「集団婚」で、村全体が一つの「家族」として結び付けられていたのだと言える。それというのも、当時は日頃の農作業などにおける結束が、皆が生きていくために不可欠だっとのはもちろん、いざその地方で戦乱があれば、本家・分家などの伝統的な序列のもと、村がそのまま一個の軍隊と化して自衛戦にも臨める機能を持つ、まさに運命共同体としての絆があったからなのだ。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年11月18日

日本人の性意識はどうなっているのか? -7

“元始、女性は実に太陽であった。”

平塚雷鳥により、1911年に婦人文芸誌「青鞜」創刊の辞に記された有名な文言である。この言葉ほど近代、曲解されてきたものはない。本質は下記の文言のなかにある。

“潜める天才を、偉大なる潜在能力を十二分に発揮させる事に外ならぬ。”

このことは、まさに太陽のごとく、(男を)育てることにあるのではなかろうか?

現代ではそういう意識を持っていないし、むしろ年配者には男が女を育てるという風潮もあった。がそれは、自分にとって都合のいい女に育てることに過ぎず、女側から見れば、そんなチンケな目的では充足しないし、本来の女性の持つ力を発揮できない。今回は、そういう女性本来の持つ充足性を探りたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年11月12日

日本人の性意識はどうなっているのか? -6

前回は、若者を中心に、性に対する意識が転換する可能性があるのかを探った。制度的な面ではベーシックインカム(基礎保障制度)もひとつの手段として紹介したが、本質的には性意識どう変えるか、変わっていけそうかの意識構造の転換につきる。

以下の論点が、性意識にも及ぶのか興味深い。

共認機能と観念機能の断層 より引用

【日本人はこれまで共認機能だけで生きてきた】
☆「コロナ」や「勉強第一」等、完全に観念支配されているが、共認と観念の関係は?
◎共認原理で生きてきた日本人は力の原理=強制圧力にめっぽう弱い上に、順応意識が強いので、学校やマスコミが与える観念に簡単に染められてゆく。この観念支配から脱却するには、自らの手で正しい観念=事実認識の体系を構築し、観念内容そのものを塗り替えるしかない。
・勉強第一は、子どもたちの勉強に対する拒絶反応によって⇒「学校の勉強は役に立たない」という事実認識によって、解体されてゆく。その根底にあるのは、私権の崩壊⇒本源収束だが、具体的には、観念が塗り替わることによって、突破されてゆく。
・コロナの嘘も、事実認識に塗り替えられることによって、脱却できる。この認識の塗り替えなしには、同調圧力の中身は変わらない。
◎つまり、共認機能→同調圧力だけでは、脱却できない。観念の中身が事実認識に塗り替えられることによってはじめて、共認機能→同調圧力があるべき方向に作動するようになる。
◎結局、最も重要なのは、どうしたら勝てるか?どうしたら実現できるか?⇒そのための徹底した現実直視と事実の追求→その結果としての事実認識の獲得に尽きる。(既存の事実認識たる『実現論』は、生物史的事実や人類史的事実を構造化したものに過ぎないので、誰でも実感に落とし込めるはずで、実感に落とし込めれば肉体化できる。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

根幹的な性意識に蓋をしているのが、男女同権思想とそれから派生した諸制度にあることは以前述べた。この強固な固定観念を取り払うには、まずその事実構造を知るところから、固定観念を外すところが不可欠である。そして、童心に帰ってひたすら実感に委ねることが効果的であるといわれている。また、性という生命の根幹的な営みは感覚機能をはじめ本能に委ねるところまで至らなければならない。潜在的には誰もが感じているところであるが、それを顕在化させていくことに過ぎないともいえる。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年11月10日

女性解放の歴史

江戸・明治・大正・昭和・平成・令和と時代とともに女性の働き方は大きく変化してきました。
その変遷を紹介したいと思います。リンクより

***********************************************************

■江戸時代の女性の社会的地位
江戸時代、女性の仕事は家庭内労働や農業での労働に限られていました。 その頃の女性の主な仕事は子供を産み育てることでしたが、同時に、農業が主産業であった江戸時代では、農業の補助的な労働力、夫を助ける労力としてなくてはならないものでした。
また、開国により生糸産業が活発化してくると、生糸生産は農家の副業として行われるようになりましたが、これを主に担当したのが農家の主婦でした。 一方、武士の妻は夫を助け、良い跡継ぎを産み育てることが義務とされていました。

■初めて会社に雇われた女性たち
ペリーの来航により開国した日本には明治維新がもたらされ、続いて産業革命が起こると、製糸産業や紡績産業が発達し、各地に工場が建てられるようになりました。こうした工場に雇われたのが、農村で暮らしていた結婚前の若い女性達でした。若い未婚の女性が雇われたのは、その頃の女性はある一定の年齢になると結婚し、子供を産み育児のために家庭にはいってしまう場合がほとんどだったからです。

一番最初に官営模範製糸場として建てられたのが富岡製糸場でしたが、ここでは士族の娘が雇われました。その後、1882年に設立された大阪紡績会社の工場は日本初の大規模紡績工場で、動力として蒸気機関を利用していました。こうした事実だけ見ると、近代化されているようです。しかし全般的に、どこの製糸・紡績工場でも、労働条件は悪く、低賃金で長時間労働ということで、雇われた工女たちは不満を抱きながら働いていました。 そのような状況の中で起きたのが、1886年の雨宮製糸場のストライキでした。このストライキは日本で初めて起こったストライキというだけでなく、女性によるストライキということでも大きな注目を浴びました。

■職業婦人の出現
製糸・紡績産業は明治に始まった産業革命が生み出した産業の一つでしたが、産業革命は、他にも数々の新しい職業を生み出しました。そこで人手を確保するために農村の若い女性も駆り出され、都市に出て仕事をするようになりました。こうした女性は「職業婦人」と呼ばれ、中には新聞配達、牛乳配達、床屋など、それまでは男性しかしなかった仕事にも従事するようになりました。

やがて、女性がした方が成果が上がる仕事があることも認められるようになり、かくして生まれたのが女性電話交換手やバスの女性車掌などでした。電話交換手は1901年(明治34年)にすべての男子交換手が女子交換手に置き換えられています。また、1924年(大正13年)に誕生した女性車掌は「バスガール」と呼ばれ当時の職業婦人の花形でした。

■女性解放運動の始まり
職業婦人の出現と同時に、女性の職業意識はだんだんと高くなっていきましたが、基本的な権利では、まだまだ女性にとって不利な状態でした。そのため、職場でも女性は、男性に比べ、低賃金など不利な条件で働かなければいけませんでした。 そのような状態をさらに悪化させたのが1898年に制定された「新民法」です。新民法は、家庭における女性の権利を全面的に否定するもので、返って男女の不平等性を法制化した形になり、そこから女性解放運動が活発化していきました。

さらに、明治時代も押し詰まった1910年(明治43年)、日露戦争を機にそれまでじわじわと高まっていた社会運動の気運を良くないものと思っていた明治政府は、社会主義のリーダーであった幸徳秋水とその仲間に対し「明治天皇暗殺計画を企てた」という罪を捏造し死刑に処してしまったのです。この事件は「大逆事件」と呼ばれ、社会運動を鎮圧するどころか、返って助長してまいました。その一つが、女性解放運動の本格化です。

■平塚らいてうの女性解放理念
大逆事件の起こった翌年の1911年、女性解放活動家、平塚らいてう(「らいちょう」と読みますが「雷鳥」と記されることもあります)が当時の日本女子大学の同窓生を集め、婦人文芸思想誌「青鞜(せいとう)」を創刊し、ペンの力を借りて、女性解放を訴えていきました。

「青鞜」の創刊において、平塚らいてうは次のような発刊の辞を述べています。 「元始、女性は実に太陽であった。今、女性は月である。他に寄って生き、他の光によって輝く、病人のような青白い顔の月である。・・私共は隠されてしまったわが太陽を今や取り戻さねばならぬ。・・私の願う真の自由解放とは・・言うまでもなく、潜める天才を、偉大なる潜在能力を十二分に発揮させることに外ならぬ・・。」(一部略)

■女性の地位が向上した昭和時代
1911年に始まった女性解放運動は、更に発展し、1920年には平塚らいてうが中心となり、新婦人協会が結成されました。この協会に参加したのが市川房枝でした。市川房枝は昭和に入ると、婦人参政権の獲得に尽力し、その甲斐あって、1945年(昭和20年)に「男女普通選挙権」が施行されるようになりました。

それから約30年後の1972年(昭和47年)、「男女雇用機会均等法」が制定されたことにより女性の雇用条件が大幅に改善されました。また高度経済成長により、家電製品が普及したことで家事が楽になり、この頃から結婚しても仕事を続ける女性が増え始めました。さらに、託児所の改善や保育所が各地に開設されるなど、子供を産んでも仕事続けられる環境が整うようになったことで、生涯働き続ける働き方を選択する女性がだんだんと増えてきました。このようにして共働きという働き方が広まっていったのです。

***********************************************************

女性も男性と同じような雇用条件で働くようになった現在の女性たちの様子を見ていると、平塚らいてうの提起した「偉大なる潜在能力を十二分に発揮させる」リンクことに繋がっているのだろうか?と疑問をぬぐえません。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年11月05日

日本人の性意識はどうなっているのか? -5

前回は、男女同権により換骨奪胎してしまった性意識を転換する必要があると説いた記事を紹介した。

状況として、ゴリゴリの私権意識がバブルとともに消え失せて以来30年が経過した今、若い人はすでに、仲間第一、相手第一に転換しており、かつての独占欲に根差した恋愛関係には見向きもしない傾向が強まっている。転換の鍵は、性意識を自己と相手の閉鎖した関係で捉えるのではなく、すでに可能性を感じている仲間第一の価値観にシフトすることにある。

それでは、性に対する意識が転換する可能性があるのか否か、今回はそこを探ってみたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年11月03日

私たちは性行為の方法とイメージを共に塗り替える必要がある(2)

私たちの内側には「性」という資源が眠っている。それは、誰かと親密な愛情を交わし合うことから生まれる豊かな力。
だけど、今この世界に生きる人たちの実態は、もともと人間に備わっている「本当に価値ある美しいもの」が、あたかも「下品で醜いもの」であるかのように扱われてしまっている。
前投稿(リンク)に続き、夏目祭子・著『あなたが目覚める愛と性のギフト~至福の男女関係をつくる〔6つの封印解除]』を要約して紹介します。

【第3の封印解除】: 自分の体を愛すると愛情の質が高まる
・自分の体を愛するコツは「見る」のではなく「感じる」こと。しかし、現実には愛するどころか「自分の体が嫌い」という女性は、とても多いのです。
こうなる原因は、メディアから大量に発信される、必要以上に細長いプロポーションに設定された、ファッションモデルの体型イメージが「美のお手本」として刷り込まれているからです。必要なのは、今までとは視点を逆にして、体を「内側から感じる」意識に切り替えることです。たとえば今、あなたの体が感じているのは「快感なのか」「不快なのか」、おなかや背中は「軽やか」なのか「重苦しい」のか、自分が体の内側にいる感覚を意識しながら確かめてください。

・自分の体を愛するというのは、内側で感じる快・不快を尊重して、体がなるべく快適でいられるような行動をしてあげることなのです。そうして、体が自分の望む「快感」をたくさん味わえるようになると、「この自分の体でいることが好き」という状態に、自然と変わってくるのがわかるはずです。「気持ちのいいことは、よいこと」。なぜなら、私たちの細胞は「快」を感じると「不快」な時よりも動きが活発になるようにできているから。

・オーガズムは心と体の栄養になる。まず精神面のしるしとなるのが「変性意識状態」-平たく言えば「トランス状態」になること。これは私たちの体内で生産される、数々の多彩なホルモンが脳に作用して、さまざまな種類の「快感」を強く刺激するために起きるものです。たとえば、肌を触れ合わせたときに分泌されるオキシトシンは、まったりとリラックスした幸福感を生み出し、相手に対する信頼感や愛着を強める働きをします。そのオキシトシンがさらに、心に落ち着いた明るさをもたらす快適ホルモン「セロトニン」の分泌を促してくれます。さらにこうした精神的な変化に加えて、肉体面のしるしが重なると「オーガズム」と呼べるのです。そのしるしとは「筋肉の収縮」が起きること。具体的にいうと、体の内側がきゅーっと引き絞られるような感覚や「ほと」(膣)の内部がピクッピクッと収縮を繰り返し、けいれんのような運動を始めること。愛しくて、愛しくて、体の芯がキューってなる感覚、といったら伝わるでしょうか。

【第4の封印解除】:「いつくしむ性」を知れば愛し愛される力があふれる
動きを止めた時に深まる「ほと(膣)」と「ほこ(陰茎)」の対話。おそらく太古のまぐ合いでは、「動きを止めた状態で気を交流させる」のが大切なプロセスだったと考えられます。時間と動きを「直線」から「曲線」に変える。自分の中の異性の部分が、性の感覚を開く鍵となっていると思います。

・性が卑しいものとされる以前の精神文明の社会では、性と神事は結び付けて考えられていました。これから目指したいのは、自分の中にある豊かなエネルギーを、相手と分かち合う思いでするといい。もともと少陽多陰の体質である女性は「陰の気」を男性に贈り、少陰多陽の体質である男性は「陽の気」を女性に贈る。そうすればどちらが上でも下でもない、満たし合いになります。それはお互いの命をいつくしむ性なのだといえます。

・男と女はわかりあえる。なぜなら、男の核心には女性性があって、女の核心には男性性があるのだから、もともと同じ部分があるから、融け合えるようにできているのです。性エネルギーは、相手との「取引の感覚」がない、「無条件の愛」を発しているときに、最も自由に通い合い、高らかに飛翔するのです。世界の平和は、男女が仲良く暮らすことから始まります。私たちの誰もが持って生まれている「性」という「贈り物」を卑下するのをやめて、美しく使いこなすことができれば、世界はガラリと変わります。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年10月29日

日本人の性意識はどうなっているのか? -4

これまで述べてきたように、現代日本人の性に対する絶望感は、国際的に展開されてきた「男女同権」というプロパガンダの影響が大きい。それが国策として様々な制度にちりばめられて、根底の性意識がほとんど消滅してしまうこととなっている。

ここを今一度切開して、そのおかしさを捉え返さなければ性に対する肯定感は生まれない。今回は、その部分を探りたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年10月27日

母権制から父権制への転換で生まれた「囲い込み競争」

女性は新しい命を腹から産み出す力を持っていること。また、たとえ産まなくても月経といういう、規則正しい自然サイクルを体が表現するようにできていること。それゆえ、地上のもろもろをの命を産み出す「大地母神」を崇拝する信仰が歴史のはじめにあったことは、人類の共通項ともいえる。その歴史がどのように変容していったのか?

以下、夏目祭子・著『なぜ、性の真実(セクシャルパワー)は封印され続けるのか』より引用します。

*********************************************

女神の時代はまた、母権制社会の時代でもあった。母権制というのは、生まれてくる子供を、主に母方の家が管理する仕組み動いていく社会のことだ。これは子育てにには都合がいいし、何か事を決めるのにも女性の意思がよく尊重されていた。ただし、杓子定規に母親方の家系が重視されていたとは限らないので、そこは日本の平安貴族たちの「通い婚」制度とはまた違う。たとえば、縄文時代や古代マヤ文明の社会では、父方でも母方でも、どちらか都合がいいほうに身を寄せるような柔軟な流儀が見て取れ、本質的には「男女が平等」の姿勢であったことがうかがえる。

★それが古代国家の成立の頃に父権制に取って代わったというのは歴史学で言われている事実だが、この大きな変化が、一体私たちの意識にどんな作用をもたらしたのだろうか?

父権制とは、手っ取り早く言えば「囲い込み競争」のことだ。土地や財物と、自分に従う人間たちについて、「俺だけのものだ」と各自が独り占めを主張して、それもできるだけたくさん持っているヤツこそ偉い、という価値の物差し仕切られる。競争の土俵に立つのはもっぱら男の役目で、妻も子供も男が所有物として管理する。

しかも、自然の周期を月経や出産で体感できる女と違って、男の考えて権力というのは、自然のままに生まれたり消えたりするものではなかった。一度ゲットしたら、永遠不変のものとして、この世界に「固定」されること願った。だから大なり小なり権力を得た男たちは、支配を「維持する仕組み」に力を入れた。

そこで古代から中世にかけて固まっていったのが、自己保身の得意な「官僚組織」と、お家安泰の「封建制度」。この法則は、万国共通のものだったといえる。封建制度はとうに崩れさった現代でも、もう一方の「官僚組織」は今なお現在で、「体制の現状維持」にこれ努めていることがわかる。

★ここで肝心なのは、そうした形の変化の裏にある、意識の変化のほうだ。

男の始めた父権制支配の本質を一言でいうと、自然界にあるものを、もっぱら自分の方ばかりに吸い上げようとする心のベクトル(すなわち矢印の向き)だといえる。その上そこに、自分だけで独占したいという、他者と対立するトゲトゲした意識が加わる。そうした見えない矢印が、ひとりひとりから放たれ、飛び交っている場面を想像してほしい。そこから、世のあらゆる仕組みが狂っていったのだ。

この「母権制から父権制へ」という仕組みの変化を、意識の変化を言葉に直せばそれは、「女性原理(女性性がリードする世界)」から「男性原理(男性性がリードする世界)」への転換、ということになる。

女性性のイメージを図柄で表現するなら、生まれて消える命の営みのように、満ちては引いていく海の潮のように、ぐるぐると円を描きながら循環を繰り返す、始めも終わりもない曲線の軌道、といえる。これに対して男性性は、より多く・もっともっと、と飽くなき向上を志向する、右肩あがりの直線の軌道、と言える。
女性性と男性性
こうした世界の主流をなす意識の形が変質したことは、社会の仕組みをもちろん、やがてはセックスの作法にまで、逆転とも言える変質をもたらすことになったのだ。そして男女の婚姻は「与え合う」美しい自然讃美的なものから、「所有する」我欲実現のものへと、その性質が塗り替えられていく。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年10月27日

『元始、女性は実に太陽であった。』この言葉の真意は・・・。

元始、女性は実に太陽であった。』

平塚雷鳥の有名な言葉ですが、この言葉の真意は男女同権を求めるものでも、女性の権利を主張するものでもなかったのです。

***************************************************************
元始、女性は実に太陽であった。』
平塚雷鳥により、1911年に婦人文芸誌「青鞜」創刊の辞に記された有名な文言である。
この一文は、そして平塚雷鳥は近代の女性運動の象徴としてしばしば取り上げられる。

しかし、この初期の女性運動は、男女同権を求めるものでも、女性の権利を主張するものでもなかった。
私権時代に抑圧されてきた女としての役割を、社会においてまっとうに果たしたいという思いが根底にあった。
それは、同じ創刊の辞の後半部に見ることができる。

『 ~前略~ 女子が男子と同等の教育の機会を与えられていない現状は残念ではあるが、致命的ではない。知識は真の智への手段の一つに過ぎない。学者であって真を見ること困難な盲者は、男性にも多い。無暗に男性を羨み、男性に真似て、彼等の歩んだ同じ道を少し遅れて歩もうとする女性を、私は見たくない。
~中略~ 然らば私の希う真の自由とは解放とは何だろう。潜める天才を、偉大なる潜在能力を十二分に発揮させる事に外ならぬ。 ~後略~ 』

この素直な女の社会的役割欠乏が権利要求運動へと歪曲されていったのは、欧米近代思想(個人主義、女権論~男女同権論etc.)の流入によるところが大きい。
だが、そうした事実根拠の無い権利要求運動が、何をもたらしたかといえば社会の閉塞である。

女性が社会進出を目指したのは、決して男と同じ役割を欲したり、権利を主張する為ではない。ましてや社会閉塞をもたらすためなどではあるはずもない。
男と社会的課題を共有して女の担う役割を果たし、共認充足を得る為であったはずだ。

社会が混沌としている今、女性が『潜める天才』を『偉大なる潜在能力』を十二分に発揮すること、
それこそがみんなが必要としている女性の社会進出。
そして、そんな『太陽』に照らされて、男たちはみんなが求める答えを出すべく闘っていくのだ。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2020年10月22日

日本人の性意識はどうなっているのか? -3

前回は、「日本に蔓延するセックスへの絶望」という記事を取り上げたが、さらに追い打ちをかけるようにコロナ禍中の今年度の妊娠率の発表が厚生労働省から出た。なんと昨年度に比べ、4月以降の総計で10%ほども激減していることが判明した。この妊娠率は母子手帳を受理するために各自治体に申請された数を集計したものらしいが、ほぼ出生率と相関しているとしてよいだろう。事態の深刻さがわかる。

感染リスクにおびえる心理は否定できないが、年々出生率が低下していることからも原因はもっと深いところにあり、前回指摘したように、主犯が男女同権という勘違いであり、そこから派生した様々な制度や装置に疲れ果てたことも大きい。それを親、学校、メディアなどから浴びせ続けられ、本来の基軸本能である性でさえ発現しなくなった疑いが濃厚である。

今回は、性教育の貧弱な実態を紹介したい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List